設備紹介

多様な検査により、みなさまの健康管理をトータルかつ徹底的にサポートします。

1. MR検査装置
頭部MR検査では、脳血管障害や脳腫瘍をはじめとした脳の疾患の早期発見を目的として、高性能MR検査装置を用いて脳の検査を行います。MR装置は強力な磁石を用いて検査します。X線を使わないので放射線被曝の心配がありません。当センターではMRI・MRA検査の両方を行います。
2. マルチスライスCT装置
マルチスライスで得られた撮影データを高速に処理し、かつリアルタイムに表示できます。一般胸部撮影に比べより細かな病変を検出でき、肺癌の早期発見に有効な検査です。
3. 内視鏡検査室
胃・大腸内視鏡検査を行ないます。外来診療及び、人間ドックの精密検査として実施。また胃内視鏡検査については、人間ドックの上部消化管X線検査(バリウム検査)の代わりに差額5,400円で受診いただけます。(要事前予約)
4. マンモグラフィ装置
小さな病変を映せるように乳房を圧迫して撮影します。検査は女性技師が担当いたします。医師の触診や自己触診では発見できないしこりや、石灰化のある小さな乳癌の発見に適し、乳房超音波検査と併用することにより、多角的に判断できます。
5. 超音波診断装置
超音波検査は、人に聴こえない数MHz~十数MHzの高い周波数の音波を使い、反射波を画像化することで身体の中の状態を調べる検査です。健診では、肝臓・胆道・膵臓・腎臓・脾臓といった腹部臓器と、女性の乳房を検査します。
6. 中央臨床検査室
外部委託に依存せず、検査室を自施設内に完備。最新の検査機器を備え、施設長の厳重な管理下で検査を実施しています。採血後、即座に分析を行い、健診終了までに結果を判定します。前回と比べて変化しているデータについては、再検査等多角的検査を直ちに行い、確認いたします。血液生化学、血液一般、便潜血、肝炎ウイルス、腫瘍マーカー、細胞診などの検査を行っています。
7. 画像読影診断室
独立した読影室で、各担当医がその場でお客様の画像をチェックします。チェックされた画像は、電子カルテシステムを通して面接医が説明します。お客様がお帰りになられた後も複数の医師が画像をチェックする、ダブルチェックシステムを構築しております。
8. 診察・面接室
全室に電子カルテを設置しています。診察での情報が、電子カルテによって瞬時に各検査室に連携されます。また検体検査や画像検査の情報も電子カルテに集約され、面接時に医師がご説明します。過去の健診・クリニックでの検体検査や画像の比較も容易に行えます。
9. X線検査装置
X線を用いた、胸部撮影と上部消化管撮影(バリウム検査)を行っています。全てデジタル装置で撮影するため、画像を確認しながら検査が行えます。
10. 心電図検査装置
心臓の動きによって生じる電気信号を記録し、不整脈の有無や心筋の状態を調べる検査です。手足と胸部に電極を装着し、リラックスした状態で検査します。
11. 婦人科診察室
女性の方のニーズにお応えし、婦人科は専門医により毎日実施しております。内診と子宮頚癌検査および、スクリーニングの超音波検査により、子宮・卵巣の大きな病変の有無を調べます。また、別途オプション検査の子宮超音波検査や子宮体癌検査、腫瘍マーカーを併せて希望されることでさらに多角的・広範囲にわたり婦人科健診を行うことができます。
12. 健康相談室
健診結果を踏まえて、医師からのお勧め・本人のご希望により、お客様に個別の健康相談・生活指導を行わせていただきます。また、各種健康保険組合の委託により特定保健指導を行っております。
13. 情報処理室
当センター独自の健診システムを用いています。設立以来蓄積された情報をもとに、受診者1人ひとりの基準値を算出し「個人のプロファイル」に活用しています。また、検査結果と面接で説明した内容を、健診終了後、成績書としてお持ち帰りいただける設備を整えています。